お問合わせ お見積り・お申込み 電話番号

クラウドPBX/FMC「ナイセンクラウド」

スマホ用メニューボタン

ナイセンクラウドとは

使える端末はPC・スマホ・IP電話機等

社内ではIP電話機、外出先ではスマホ、コールセンター業務を行う拠点ではPC(Windows/Mac対応)でヘッドセット運用等が可能。
※IP電話機はLANケーブルで接続しますので電話線は使用しません。

13秒でわかる、着信時の参考動画

一般の携帯電話や通信アプリと大きく違うところは、1対1の通話ではなく1対多であり、ビジネス電話に適したチームでの運用方法です。着信があった際には、複数人の電話端末が一斉に鳴り、接客をおこなうことが出来ます。

左の動画中では、18台のスマートフォン・電話機・PC、iPod touchなどを一斉に着信させています。実際は、これらの端末が例えば、東京にあり、大阪にあり、北海道にあり、アメリカにあり、インドにあったとしても同様のことができます。
利用方法例
着信時
電話がかかってくると、会社電話として登録している端末が一斉に鳴ります。IP電話機だけでなく、スマートフォンやPCでもインターネット環境があれば電話に対応可能なので、外出先でも会社電話として利用できます。

また、特定の条件下において、特定の端末を「着信する」「着信しない」ようにする設定も可能です。

転送サービスではありませんので、着信時の通話料は発信者側負担になります。
発信時
会社電話として登録している端末すべてから、03・06・050・0120等の会社の電話番号で発信することが可能です。発信時の通話料金は固定電話への発信であれば3分8円から対応可能です。
取次時
外線からの着信も、ナイセンクラウドのシステムを介して通話を繋げたまま、会社電話として登録してある他の端末への取次ぎが可能です。
内線間の通話は無料ですので、拠点間同士や外出先、海外から本社などでも、通話料はかかりません。
例:
03番号にかかってきた電話をいったん東京本社で会話をしたのち、
そのまま保留にして、大阪の担当に取り次ぐことが出来ます。
03番号にかかってきた電話をアメリカで着信し通話をしたのち、
そのまま保留にして、仙台の担当に取り次ぐことが出来ます。
取次ぎをしても、かかる通話料は発信者側の負担のみになります。
ナイセンクラウドの仕組み
運営4年目、2016年ナイセンクラウドは進化しました。
FUSION、KDDI(分課金・秒課金)、NTT全国番号(既存電話番号可)に対応。
完全クラウド版なら初期費用1万円・月額2,000円から。機材設置型は初期費用3万円・月額3,500円から接続。
ナイセンクラウドの特徴・機能

ナイセンクラウドは、電話業務の質を向上させ、コストのみを削減します。

・拠点間通話/内線通話無料
・PC・スマホ・IP電話機(SIP対応)等で発着信可能
・03 / 06 / 050 / 0120 / 0800局番での発信・着信が可能(地域局番・既存番号利用プランも有)
・着信時に複数端末の一斉呼び出し
・電話を他の内線電話端末に取次ぎ。外線転送も対応
・複数電話番号の所有(着信時、発信者番号と着信者番号が表示されます)
・ウェブ電話帳登録先相手名通知
・着信時PC画面ポップアップ通知
・電話番号・曜日時間別の着信ルール設定(留守番電話、鳴りわけ、自動応答、転送、着信拒否等)
・オプション機能:全通話録音、IVR、通話モニタリング・ウィスパリング、電話会議
ナイセンクラウドは、他社のビジネスフォンと比べても圧倒的に低価格で導入できます。