お問合わせ お見積り・お申込み 電話番号

クラウドPBX/FMC「ナイセンクラウド」

スマホ用メニューボタン

特集・ご提案

電話でイライラするもっとも大きな出来事といえば、「話したいことがあるのにつながらない」ではないですか?
例えばお客さまからちょうど電話いただいたタイミングで外出している時。出先から折り返しても今度はお客さまが離席中でつながらない。
意外とすれ違ってお互いに何回も電話しているけどつながらないってこと、よくありますよね。これは機会損失になってしまい、業務時間を無駄にしてしまいます。

naisenがあれば、出先の営業担当がスマートフォン端末で会社にかかった電話に出ることが出来ます。
かかってきた電話を切らずにつなげることができます。
忙しいときは自分の席から離れていたり、会議室にいたり、出張して他の営業所にいたり。 通常ですと「担当から電話をかけなおします」という対応をしますが、メモを残したり、担当にメールや電話をして連絡をしたり、一回の電話がつなぐことが出来なかった時の作業って電話が増えるほど煩雑になってきます。

naisenであれば、離れた営業所間でも内線電話としてご利用いただくことができますので会社全体として電話業務の効率化を目指すことができます。
会社の電話がつながらなくなった!機械の故障!?そんな時は営業の大ピンチですよね。
すぐ電話会社に電話をするも・・修理に時間がかかり、出張に何万円!!!?大変です。
従来のビジネスフォンは、電話の数を増やしたい、故障のときは電話工事が必要でした。

naisenがあれば、電話機が故障しても、スマートフォンで電話がとれる。 電話の数を増やしたい時も出張工事が不要です。
時々、携帯から営業のお電話をしたら、取り次いでもらえないってことありませんか?
電話機には着信時の電話番号が表示されるため、電話を取る前から先方では「誰だろう、携帯電話からだ」という認識があります。
はじめてのお電話が携帯の場合は、なかなか担当に取り次いでもらえないなど、残念ながら 受付の時点で怪しい電話と解釈されてしまうことがあります。

naisenであれば、スマートフォン端末(携帯)から電話をしても、会社の代表電話からの連絡となり 怪しまれることが減ります。 無駄なやりとりをしなくてすみますね。