お問合わせ お見積り・お申込み 電話番号

クラウドPBX/FMC「ナイセンクラウド」

スマホ用メニューボタン

特集・ご提案

複数拠点で同じ電話番号を使うメリット

20150430_demo2.png

業務が拡大するにつれ、増えてくるオフィスの事務所。
もちろん1つの拠点がどんどん大きくなっていくという事もあるでしょうし、
離れたところに別のオフィスが立ち上がるということも出てきます。
オフショア開発、ニアショア開発なんて言葉もあるくらいで、
さまざまな拠点にいるスタッフ同士、連携を取る機会が増えてきます。
その際に、通常であれば拠点ごとに電話番号が変わりますが、同じ電話番号を使うことでメリットが出てくる場合もございます。
ナイセンクラウドを使って便利になった事例をご紹介します。


■1つの電話番号を複数の事務所で受ける

1.jpg

本社ではウェブ担当が活動、地方では商品仕入れや発送業務を担当、実店舗がある会社さんもいることでしょう。
ナイセンクラウドを使うと、まずお客さまはひとつの電話番号にかけますが、全店舗の電話を同時に鳴らすことができます。
そのため、手が空いているスタッフがどこでもその電話対応が出来るというメリットがあります。
例えば、大阪店がその日臨時休業をしていたとしても、別店舗や本社の担当がお客さまからの連絡を取りこぼすことなく対応ができます。
電話をとるために、電話の前にはりついていなくても、ナイセンクラウドであれば場所の関係ない顧客対応が行えます。


■ナイセンクラウド利用応用編 優先順位を決めて着信パターンを設定する

2.jpg

すべての端末を同時に鳴らすことができるのはメリットにはなりますが、一番に電話対応をする拠点を決めたいなど、対応方法の優先順位はさまざま。
平日は本社だけ電話をとる。休日は店舗の電話がなるようになど、着信のパターンの設定を曜日、時間ごとに設定を行うことができます。


■同じ番号で架けることが出来ます。

3.jpg

ナイセンクラウドの最大のメリットは、「同じ番号でお客様に電話を発信できる」ということなんです。
もし、各拠点ごとに電話番号の発信番号が異なれば、お客さまがご不在の時、折り返し電話などはかけた拠点にしかかかってきません。もし、その拠点がたまたま電話を取ることができなかった場合、大事な電話を取りこぼしてしまうことになります。
ナイセンクラウドからの発信は離れている拠点からでも同じ番号で発信。
折り返し電話がかかってきても、全店舗で協力し合いながら顧客対応を行うことができます。